台湾視察『チケット購入時の注意点』

台湾視察『チケット購入時の注意点』

東京都北区赤羽にある西海岸風 大人の隠れ家ヘアサロン『リビーチ ヘアリゾート』代表 内藤 善勝です。
 
「縮毛矯正でつくる毛先が自然にまとまる大人ボブ」や「メンズカット」が人気です♪
 
 
2020年1月には同じく赤羽にてアイラッシュ&ネイルサロンをオープン予定しています。

 
 
一緒にサロンを盛り上げてくれる仲間も募集しています。
 
 
美容師(スタイリスト、アシスタント)、アイリスト、ネイリストも募集中です。
 
 
お気軽にメッセージ下さい。
 
 
さて、今週の平日はお世話になっているサロンの台湾は台中店の視察を兼ねて行って参りました。
 
 
台湾は今回で4度目。

成田で一緒に行くメンバーと待ち合わせてから意気揚々とチェックインしに。
 
 
航空会社は『マンダリン航空』
 
 
この会社はチャイナエアラインの子会社なのかな?
成田〜台中へ直行便があるので便利です。

で、パスポートを見せると、、

マンダリン航空スタッフ「内藤さんはどなたですか?」

俺「はい、自分ですけど。」

マンダリン航空スタッフ「えー、申し上げにくいのですが氏名が逆になっているのでこの航空券はご利用できません。」

俺「ちょ、、え?」

どうやらチケットを発注する際にお酒を飲みながら購入していたのですが、つい海外だからと氏名を逆で入力していたようですw

確かに確認メールを見たら『ヨシカツ ナイトウ』になってる。。。

とにかくチケットを購入した代理店に確認すると、代理店では購入後の入力事項の変更は無理。との事。

じゃあマンダリン航空に確認すると、代理店の挟んだ場合は介入できない。との事。

はい、終わった、、、

一緒に行く予定だった友人がTwitterに晒してくれましたw

 
 

 

予定していた成田〜台中は12:30にフライトだったので台中でその日のうちに行ける便を探すも、出発が夜しかない。。

 

よく見ると成田〜台北行きなら14:30から空いてる!!
 
一人で台北かー。。
他のメンバーは台中にいて、中国語喋れない自分が台北から台中に行けるかちょっと心配になってきた。
 
そうこうしているうちに、仲間と相方はもうフライト時間に。
 
ここでメンバーとお別れで、急遽成田に一人ぼっちww
 
 
んー、どうしよう。。
 

一人になったら急に行くの本当にやめちゃおっかなーw
とか思ったけど、行って後悔するか、行かないで後悔するか?
とかいろいろな事を考えてみる。
 
行かない選択肢はない!と決意してとりあえず成田〜台北行きのチケットを急いで購入!
 
で、急いだからかチケット購入後に確認メールをよく見たら、、、
 

わお!

14:30発を買ったつもりが、17:45発〜台北20:55着とか買ってる!!ww
 
どんだけテンパってんだよ!w
とか1人突っ込みしつつ、急いでチケット購入先のチャイナエアラインへ連絡。

 
なんとか14:30発に変更出来ました。

 

そうなると成田で一人時間潰しですよ。

安定の金色のヤツ!!

 

からの

鉄板の茶色いヤツ!!

 

物足りないので

緑色の金色のヤツ!!

ええ、飲むしかする事ないんですよ!

あ、あとはWiFiあるうちにコレをダウンロードして観てました。

これ、飛行機の中でイヤホンして観てたのですが、周りの目が気になる事との戦いでしたw
(観たことある人なら分かるはず)
 

でもめちゃくちゃ面白くてノンストップで観ちゃうくらい面白い!

なんというか表現力が素晴らしくて魅せられるドラマです。(が、絶対に家族やお子さんの前では観ないほうがいいですw)

 
そんなこんなでなんとか台北にたどり着き、約5.6時
間遅れてメンバーと台中で合流出来ました。

スタートから盛大にやらかした自分でしたが、あの時行くのやめなくて本当に良かったですw

 
いつも思うのですが、生きてて迷った時ほど後悔しない選択肢を出来る人になろうと思います!

今回の教訓。

 

では残りはまた次回にでも^_^

 
冒頭にもお伝えしましたが、事業拡大に向けて一緒に楽しめる仲間を募集しています!
 
自分のモットーは充実した労働環境で人が集まる魅力的な職場を目指しています!
 
楽しくやりがいのある会社にしますので気になった方はお気軽にrebeach.hair@gmail.comにメッセージ下さい。

求人担当 内藤まで^_^

SNSもやってますのでお気軽にFollowしてください。
 
 


 
instagram
 

Rebeachのインスタグラムでヘアスタイルもアップしています。

facebook
 

Twitter
 

髪の予約はホットペッパーから
 

LINE@からもどうぞ。
 

 

via PressSync